SAYA072162920_TP_V1

自動車を売却する時に買取価格が決まる一番重要なポイントは【走行距離・年式】となっています。

あなたの車が高く売ることが出来るのかは【走行距離・年式・車種】で決まってきます。しかし、この3つは売却前や買取査定前に対策できないので、売却値段にどのくらいの影響があるのかチェックしてみましょう。

年式よりも走行距離で車の売却値段が大きく変わる

自動車を売却する時には年式よりも走行距離の方が売却値段に大きく影響が出てきます。車種によって買取価格が下がる走行距離は違ってきますが、「5万キロ・7万キロ・10万キロ」ってとこで売却時の価格が下がることが多いです。

10万キロを超えるまでは買取価格が大きく下がることが無い車種も多くあります。例えば「ランドクルーザー」や「ハイエース」といった車が大きく買取価格が下がることが少ない車ですねー。理由としては海外で売れる車とか使用用途が多いのがいいんじゃないかね。

10万キロを超えたら買取価格がガクッと下がる!?

a0002_007268
一度は聞いたことがある「車の寿命は10万キロ」って言葉があります。車の買取価格も10万キロを超えるとガクッと落ちる場合が多いです。

車種によっては買取価格が大きく下がる走行距離は違ってきますが、10万キロも走ってる車は買取価格が下がることは覚悟しといた方がいいです。しかし、間違ってはダメなのはことがあります。

  • 10万キロだから売れない。
  • 売っても金額がつかない。
  • 廃車でいいやー。
  • 下取りに出せばいいかー。

上記のように自動車を高く売却することを諦めてはダメです。どんな走行距離が多くても、年式が古くても、ボロボロでも高く売ることは出来ます。車を買い替えるときの下取りは簡単に手続きできますが、10万キロ走った車で10万円の差額で売れた情報もありますので下取りは止めときましょう!

高く売るなら一括査定がおすすめですので、こちらの記事を読んで参考にしてみてください。営業電話が無い一括査定もありますのでよかったらチェックしてくださいねー!

>>自動車の買取一括査定おすすめ人気ランキング

>>【必見】車買取一括査定で営業電話がこない?たくさんくる時代は古い!

自動車の走行距離の限界はあるのか?

車の走行距離で10万キロが大きなポイントとなっていますが、そもそも自動車は何万キロまで走行することが可能なのでしょうか?って疑問に私が思ったので調べて見ましたー。

走行距離の多い車

基本的には車に限界って基準はありません。車の限界って決めるなら修理費を払うなら新車を購入した方が安いって思ったときです。

普通に使ってる車なら数か所でも壊れたら修理費が高くなりますので、寿命となります。しかし、タクシーやトラックなど稼ぐ為に走ってる車は多少壊れても直して走った方が安くなるので寿命が長くなりますねー。

人の助けの為に走ってる救急車や消防車は、万が一でも壊れたら一大事となってきますので事前の点検や定期的な部品交換があり、壊れる前に交換とを行うので長く使えるはずです。
※ちょっと詳しくは分かりませんでした。

普通車 10万キロ
タクシー 30~50万キロ
トラック 70万キロ
パトカー 30万キロ
消防車 5万キロ
(15年とかで)
救急車 10万キロ

ちょっとあってるか不明な情報ですので、「あー」とか「へー」とか「あっそ」って感じです。もっと長く使ってる可能性がありますし、短い可能性もあります。
都会や田舎と地域によって走行距離が違ってくるようです。

後、消防車とか救急車の緊急車両は壊れないように定期的に点検や整備をされていますし、車自体が高額となっていますので、簡単には買い替えることが出来ないようですねー。

車種タイプ別の買取価格が下がる距離

a1180_005625
車種別に買取価格が大きく下がる走行距離を書いときますが、すべての車種は分かりませんでしたので、私が選んだ数車種だけ書いときますねー。
人気の車種や有名な車種を選んだので参考にはなるはずです!

軽自動車の「ハスラー・N-BOX」

軽自動車で人気のハスラー・N-BOXなどでは、約5万キロで買取価格が大きく下がることが多いです。平均的に約20万円くらい買取金額が下がるようです。

人気の軽自動車なら、もうちょっと走っていても問題は無いのですが、軽自動車は新しい車が早く出たり、人気車が変わるのが早いです。

アクア・フィット

アクアやフィットといった車も約5万キロで買取金額が下がります。アクアは7万キロまで買取価格が大きく下がることは無いみたいですが、フィットでは5万キロ走った車では約40万円の差があるようです。

アクアも7万キロも超えたら約30万円の差が出てきます。燃費がいい車で需要も多くありますので、7万キロまで買取金額がガクッと下がることは今のところありませんが、ちょっとでも人気や需要が無くなったら5万キロで価格が下がるようになるでしょうねー。

プリウス・クラウン

クラウンなどの高級な車では2.5万キロで買取金額が下がる車種が多いようです。差額で言いますと約40万円となっています。もともとの値段が高いので大きく違ってくるようなイメージですねー。

プリウスは人気の車種となっていますし、燃費がいいハイブリットとなっていますので、7万キロまでは大きく買取金額が下がることが無いようです。7万キロを超えると約50万円の差が出てきます。

流石のプリウスも10万キロに近くなると安くなってしまいますね。

走行距離が大事だけど、年式は売却価格に影響は無いのか?

年式よりも走行距離が自動車の売却価格に重要と言ってきましたが、年式も古いよりは新しい方が高く売却できます。

あなたが中古車を購入しようと思ったときに、同じ走行距離なら年式が新しい方を選ぶに決まっています。年式が古い車は安く買い取られる可能性が高くなります。

けど、中古車の販売価格を見てみると年式よりも走行距離が少ない方が高額で販売されてることが多くなっています。結果的には【年式<<走行距離】の方が重要だと思いますね。

まとめ

SAYA072160011_TP_V1
「走行距離・年式」が自動車の売却値段が決まる重要ポイントってことでダラダラと書いていきましたが、まとめるとこんな感じですね。

  • 走行距離は少ない方がいい
  • 年式は新しい方がいい
  • 年式よりも走行距離が重要
  • 売却前や査定前に対策できない
  • 車の寿命は基本的に決まっていない

>>車の買取査定で見られるポイント【まとめ】~外装・内装・足回りなど~

button_004

>>車買取・車査定で相場よりも高く売るたった一つの方法【裏ワザ公開中】