自動車保険の車両保険にについてです。自動車の車両保険には入ってない人も多くいます。

「どんな時に使えるのか?」ってことを理解してから車両保険に入るのか入らないのか考えましょう。

どんな時に車両保険は使えるのか??

車両保険に入ってるのにどんな時に使えるのか分からないと意味がありません。車両保険が使える場合は以下です。
※加入している保険会社によっては多少違ってきます。

  • 車同士の事故で、契約車両が壊れた
  • 契約車両に落書き・いたずらされた
  • 契約車両が盗難にあった
  • ガードレールで契約車両をこすった
  • 当て逃げされた

※引用元:ソニー損保

上記の場合などで車両保険が使えます。

車の修理は高額になる場合が多いですので、車両保険はそういった場合に使うことが出来ます。

車両保険は使う場合を選ばないと損!?

LALA160328260I9A9513_TP_V1

「車の傷を保険で修理できるなんて便利じゃん!!」

って思うかもしれませんが、小さな傷で車両保険を使う人はいないです。
保険ってのは使ったら、保険料が高くなるのが基本です。保険会社も利益を出さないとダメなので当然ですね。

小さな金額でも保険を使ったら、保険料は高くなりますので使うタイミングは選ばないといけません。

  • 車の擦り傷
  • 落書き・いたずら

などの場合は修理費が1~5万円となるでしょう。このくらいの金額だと毎月払う車両保険が高くなる金額の方が大きくなり損をする可能性が高いです。
保険の等級は下がるのは早いですが上がるのは長い時間が必要です。

保険料が高くなって元の等級に戻るまでに5万円以上の金額を余分に払うことになるでしょう。

なら車両保険っていらないの??

車購入,必要書類

ちょっとの傷やちょっとの修理では使うことが無い車両保険は意味がないって思うでしょう。

しかし、大きな事故で車をボコボコにしたら修理代が大きな金額かかります。エアバックが作動しただけでも修理代は20万円前後かかります。
エアバック以外にも壊れてるので、修理の金額は80万~100万円とかになってくるでしょう。車の修理は本当にお金がかかります。

上記のような大きな事故や大きな傷やへこみがあった場合には、車両保険が必要となります。
(そんな金額なら全然OKって人は保険は必要ないでしょう!w)

そんな事故はしないから大丈夫!!

若い人に多い意見ですが「そんな事故はしないから大丈夫!!」って理由で車両保険に入らない人がいますが、保険ってのはもしもの時の為に入っておくのが基本です。

事故らないようにとか、保険を使わないようにするのは当たり前です。もしもの為に保険は加入しとくものです。

私の知り合いにも車両保険に加入していなくて、後悔した人がいます。一番多いパターンのやつです。

〇私の知人(当時19歳)の話

自動車を160万円で購入しました。もちろん一括で払うお金は無いのでローンを5年で買いました。

半年くらい乗って、夜から朝まで遊び自宅に帰る途中で居眠り運転をし単独で事故りました。普通に寝てガードレールに突っ込んだらしいです。
右車線を走っていたのに事故ったのは左のガードレールだったらしいです。

本当に単独でよかった事故です。

車の前方部分は大破して、エアバックも作動していました。動かないくらい車はクシャっていたのでレッカーで車の修理工場まで運んで修理の見積もりをしたのですが…。

修理費は【190万円】ってことになりました。こんな大金は無いですが、車両保険に加入していれば払うことが出来ました。。しかし、車両保険に入っていないので選択肢は二つでした。

  • 修理費のローンを組むか?
  • 修理を諦めて廃車にするのか?

私の友人は車本体にローンに修理費のローンは無理ってことで、廃車にしました。
車がなくなって残念ってことでは終わりません。

車本体のローンは残っていますので、車は廃車で無いのにローンだけ払うっていう一番嫌なパターンです。

この車が無いのにローンだけ払うのは良く聞く話ですが、本当に自分がなったらって考えると怖いですねー。

このようなことがありますので、ちょっとでも高い車やローンがある車は車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。
安い車で修理することは無く、すぐに廃車にするなら車両保険は必要ないので、あなたが乗ってる車の値段と相談して車両保険について考えてみましょう。

>>車買取・車査定で相場よりも高く売るたった一つの方法【裏ワザ公開中】